読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sing a "L"ing

某学生のThinkPadへの愛情を注ぐ場

XPS13こんにちは。 #XPS体験モニター

先日当選していたDELL XPS13の体験モニターの実機が届きましたので外観レビューでもと思います。

singaling.hatenablog.com

 

なにはともあれ外観から

ノートパソコンと言えば、個人的には外観もかなり大事な要素であると思います。アルミウム筐体のMacBookや、マットブラック単色のThinkPad、純正カバーでトップの色を変えることのできるLet's note、キーボードがカラフルなSurfaceなどなど。国産メーカーではそもそものカラーバリエーションが豊富です。友人でも実際に見た目でパソコンを選んだ、という人もいたりします。

iPodiPhoneとの同期やWebブラウジング、レポート書き程度の使い方だとスペック差があまりでなくなってきている昨今、ライトユーザーには外観くらいしか差がつかない気もしますね。*1

 

 

さて、今回お借りしたXPS13の場合、「XPS13」と「XPS13 2 in 1」の2種がありますが、「XPS13」のほうが普通のノートパソコン、「XPS13 2 in 1」のほうがヒンジ部分で回転し、タブレット形態へと変形できる「飛び道具」を持ったものになります。今回お借りしたのは「XPS13」のほうです。

 

今回のみカメラが使えなかったため、スマホで撮影しています。

 

化粧箱を開けると、「ローズゴールド」カラーの本体とお目見えしました。

f:id:Singaling:20170513144240j:plain

iPhoneのローズゴールドよりは一般的なゴールドに少し近い色味でしょうか。こればっかりは光源とカメラの問題になりますので見ていただくしかないですが、上品な色合いです。

 

ヒンジ部分は中央が大きくつながっている形です。ちなみに底面も同じカラーです。

f:id:Singaling:20170513161624j:plain

 

底面にはXPSのロゴ付きのフリップカバーがあり、中を開けるとリサイクルマークやシリアルナンバーなどが書かれたシールが貼ってあります。直接外部に貼ってあるものがないので、擦れて読めなくなったりしないのはいい感じです。マグネットで固定されています。

いわゆる「アシ」の部分は、バー状のゴムが上下2本並んでいます。金属筐体と相まってかたわみは少ない印象です。

f:id:Singaling:20170513161750j:plain

 

さて、中を開けてみますといたって普通、のようなパソコンがお目見えします。指紋認証付きモデルなので、登録しておけばWindows Helloにも使うことができます。

f:id:Singaling:20170513162228j:plain

 

やっと至って普通ではない部分ですが、ベゼルのふちまでの距離はこのくらいです。

f:id:Singaling:20170513162517j:plain

 

点灯させてみると、いかに細いが分かります。

f:id:Singaling:20170513163624j:plain

 

ということで、日ごろ使っているThinkPad X260と並べてみました。

f:id:Singaling:20170513163728j:plain

左がXPS13(13インチ)、右がX260(12.5インチ)なのですが、ほぼサイズ差がなく、むしろXPS13のほうがフットプリントはコンパクトであり、「11インチの筐体に13インチのディスプレイ」が体現されています。「体格」はよく似た2機種で、これからの試用が楽しみです。

 

これからの予定

日ごろX260で愛用しているスリーブケースがそのままXPS13にも丁度よく、サイズ感も違和感なく使うことができます。外部映像出力端子がないこと、グレア液晶であることだけがちょっとマイナスではありますが、遠出の予定もあるため持ち出して使用してみようと思います。

*1:細かいことを言い出せばタブレット形態に変形するもの、キーボード分離やフリップ等もありますが、今回は純粋なノートパソコンに限って考えています。

広告を非表示にする